価値なき神

アクセスカウンタ

zoom RSS この冬、魚が釣れず半殺し地獄

<<   作成日時 : 2018/03/13 06:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
(ユリカ、サクハたちのしたい放題させておいたら私のクルマの中は、まるで女の子の勉強部屋のようになりました。こんどクルマを修理に出したら、修理工場の人は事情を知らないから「気持ちの悪い男の少女趣味」と思うかも?)
画像
画像
(二人とも、ついこないだまで保育園児のような感じだったのですが、今や、厳しい個性と主体性をもった、私なんかの一存では動かせない存在になった。何ごとも、まず、この子たちに「どう思うか」をきくことから始めて、道理のレールから外れないよう気を付ける。この子たちに、生涯の心の傷を負わせたりしたら大変。)

                    ( つづく )

 なんといっても、まず、みなさんにお詫びしなければならないことがあります。
 「いつまで経っても私の文にコメントが一つも寄せられない、どうしてだろう?」と思っていたところ、Webryblogのシステムが変更されていた。
 みなさんから頂いたコメント、トラックバックは、いったん、「保留」され、私のO・Kが出て初めてUpされる仕組みに変わっていた。これを私が知らなかったものだから、いつまで経ってもUpされなかったのです。
 というわけで、これまで私がみなさんからのコメントを無視していたのではありません、むしろ歓迎していたのです。
 これからは、寄せていただいたコメントには積極的に返事を書きますから、どんどん書いてください。

                     ( つづく )

 この冬は、これまでに書いてきたものを読み返しています。

 「もう、書きたいことは全部書いた」

 これより先は、わが人生の適応期、これまで苦労して獲得したエネ態様の分配期、を書き綴っていきたい。

 と言っても、まだ、世界的貿易戦争の予兆とかティラーソン国務長官の解任など、ボツボツ、「トランプ・ドヒャー」へ向かって序奏が始まったばかりだ。
 そんなに急には、「私にとって快なる時代」が来そうもない。

 あーあ、
 海の中にも春が来て水ぬるめば、また釣りを再開して・・

 誰かと出会って、一緒に魚を釣りながら・・釣技を語り、哲学を語り・・


 だけど目がこんなに悪くて、そんな悠長なこと出来るかなあ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご壮健に過ごされてますね。ユリカ、サクハ両嬢の写真もかわいいです。
小さな子を託された冬季もおわり、春が目の前ですね。両嬢の存在は天使のように天衣無縫で何ものにも変えることができません。釣りができる日を楽しみに待ってください。 conparu2
tubutubu
2018/03/13 21:16
tubutubuさんは若かったころ大海原を航海したのですね。
そして今、東京の西部に住み山の絵を描いて芸術を楽しむ、

     稀有な人生。
katinakikami
2018/03/14 21:13
いつも楽しく読まさせて頂いています、最初から何度も読まさせていただきましたがわからないことがありますので質問させてください。ブログの中で何度も出てくる「道理」という言葉について教えていだだけないでしょうか?「価値なき神の世界観そのもの、又はその秩序」という意味で使われていると思っておりますが、他の意味で使われていることもあるように感じます。ブログを読んでいくといつもこの言葉につまずきます。よろしくお願いします。
sato
2018/03/21 12:43
もうひとつ質問させてください、こちらのブログ一番の理解者と思われる「モツニ」さんに関する記述が一切ないのはなぜでしょうか?
sato
2018/03/21 12:48
道理とは、ものごとが、そのすじみちにあると、うまくいく。
そのすじみちから外れると、うまくいかない、そういう、すじみちのこと。
 たとえば、男が、女の子の股間をいじって遊びたい衝動に駆られても、それを行動に移せば道理から外れ大目玉をくらう。
katinakikami
2018/03/21 19:14
モツニさんは、すでに亡くなっていますが、彼は死が差し迫ったとき牧師さんを呼びました。
私の文に沢山のコメントを寄せた人だからといって、なんら私の哲学の理解者ではない。
katinakikami
2018/03/21 19:25
 回答ありがとうございます。「この世の全ては、道理の軌道上にあり」
 苦しみは、道理上やむをえないから課されるのです。katinakikami様の中では「価値なき神の世界観」=「この世の世界観」となっているものが、私の中でそれらは=とは感じてはいないことからくる違和感だったようです。
sato
2018/03/22 23:38
よく読んでくれてありがとう。
私の返事がいい加減だったものを、よく読んでくれました。
私の世界観は、「この世は、こんなふうに道理に叶って出来ているよ」ということを一生懸命しゃべったものです。
katinakikami
2018/03/23 05:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
この冬、魚が釣れず半殺し地獄 価値なき神/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる