テーマ:文学

大メジナを快楽過剰にして、しかるのち釣り上げる

(ユリカ6才保育園のころ、小食で心配です)  おととい2018・07・25(水)小湊港、有料駐車場から入った、いつもの堤防。  どうにかギリギリ釣果回復して、           メジナ26cm×1匹               24  ×1               23  ×1               22  ×1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月24日自衛隊堤防にアジおらず砂揚げ場で入れ食い&「愚弄・見通しの法則」

(ユリカが、100円玉を入れて遊ぶゲームでヒヨコを二つゲット。私に「あげる」と言うので、両面粘着テープで貼り付けました)(サクハ、今日は格別美人、かしこそう)  今日は私、大変つらい釣り日記です。  昨日2017・02・24(金)自衛隊堤防、寒い北風が吹き付ける中ガンバッタんだけど、たったアジ4匹。  「もうここダメだ」「この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくぶりで釣れた、アジ&へダイ

(2014・04・05土曜日、房総・勝浦港、へダイ18cm&17cm、アジ17cmクラス8匹。油タンク前、午前9時半から正午前まで。コマセカゴに片テンビン、一本針にオキアミ。タナ5m~9m。)  天山山脈の石窟寺院で初めて「色即是空」を唱えた僧侶も地獄道にあったという。偉大な仕事をする人はみな同じなんだ。いや、民放の女性アナウンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧果のおかげで交通事故にもあわず・・

 人間、思うようにならなくても、そう極端にまでガッカリすることないですね、ガッカリの気持ちはなるべく抑えるようにする。  我々一人ひとり、こうしたいという願いをもって一生懸命やるのはいいのですが、結果的になってしまったことは、神に何か深いわけがあってのことですから、人間ごときバカ、無知蒙昧がそう思い悩むことない。  昨日20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年秋本番、房総の港はどこもアイゴ・モード

 チヌ・モードからアイゴ・モードに切り替わったみたい。チヌは釣れず代わってアイゴ。  昨日2012・10・21(日)はサンデー・アングラーになる。穏やかな秋のひと日、子供たちにまじって、水面にワアーッと寄ってくる小魚を釣って来ました。前回と同じ白間津港(房総南端近く乙浜のすぐ北)。  上の写真で、車椅子の人の前のコンクリが濡れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のひと日、小物釣り&カイズ25cm

 まえによく釣れて「今度も」と肩に力が入って出かけるとボウズになり、前回ひどい目にあって元気がなくなり、「釣れなくてもいいや、ウチにいてもすることがない」と、仕方なく出かけると釣れる。  またまたボウズを一回あいだに挟んで昨日2012・10・17(水)、前回と同じ房総南端近く白間津港、小型アイゴなどの数釣りとカイズの25cmで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012・10・09、リベンジ成る、外房南端ちかく白間津港でクロダイ35cmハゲ29cm

 やっぱり神はいないのではない、神はきびしいだけだ。  私の紀州ダンゴの歴史、当初のビギナーズ・ラックの時も終わり試練の時代へ入ったらしい。  前回の釣行記に書いたように、20cmにも満たないチヌが二匹しか釣れなかっただけでなく隣の人に差をつけられて、さんざん愚弄された。そのあと、  「こんどは釣らせてくれるだろう」と思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世の奥義を喝破した哲学者の釣果は5cmのチヌひとつが似合う

 なのに昨日は、いささか釣れすぎた。中学生ぐらいのチヌ(19cm)ひとつと小学生(16cm)ひとつ、そしてメジナ18cm。  昨日2012・09・29(土)はクソ天の鬼心性、さんざんな目にあった。  台風18号は未だ房総のすぐ東にあるんだけど、間髪を入れずに、沖縄にあった17号がこちらへ向かって来る。そんなに待ち切れないよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は大きなアイゴ小さなカイズ、メジナも

 昨日2012・09・24(月)も前回と同じ外房・天津港の同じポイントで好漁。  神が釣果に変化をもたせてくれて、意外にも、天津港では釣れないと思っていた大きなアイゴ(30cm)が釣れて驚き。カイズは20cmと小さめながら、お情けでひとつ。このほか、メジナも21cm二つと19cm一つ、十分食べられるサイズで嬉しい。  前回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼく、近頃すっかりチヌ釣り師、外房・天津港でも二つ釣れた

 (大きい方は27cm小さい方は23cm、メジナは17cm二つ)  これを「いぶし銀」と言うんですか、クロダイはホントに美しい。これが釣れて不満ということはない。ただ房総のクロダイは味がちょっと不味いので、これから粕漬けをいろいろやって、いい線を見つけてみる。  そう、アイゴは沢山湧く年と湧かない年の波があるようだ。今年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイ、かっこいい、好き

 ちっちゃな子供にマイクを向けて意見を訊いてみましょう。  ちっちゃな子供はみんな、「かっこいい」「好き」と言うと思いますよ。  私も第一次反抗期の幼児よ、オスプレイはカッコいい、この近所をしょっちゅう飛んでくれればいいのに。  アメリカ人の独創性に拍手!  そりゃまあ、創られたばかりだから不備もあるでしょう、今後歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キミはいずれクロダイの亡霊に頭をかまれアイゴのお化けに股間をさされる

(こんどのクロダイは大きいよ34cm、アイゴ27cm)(以下カイズ21cm、20cm、16cmの三枚とメジナ21cm、このほかボラも一つ)  こんなに殺生しては、いい死に目をみないぞ。キミはそのうちクロダイのデッカイ亡霊に頭をかまれ、60cmもあるお化けアイゴが暴れてキミの急所をグサッと突き刺すだろう、覚悟しておいた方がいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロダイ混じるアイゴ釣り

(アイゴの大きい方は30cm小さい方は23cm、カイズは二枚とも19cm)  アイゴもクロダイも釣れたなんて夢のような話、私の釣り人生、とうとう行きつくところまで行ったか?あとちょっと、もう少しクロダイが大きければ・・  沖縄では、アイゴ釣りはクロダイと人気を二分する釣りらしいけど、ぼくの房総、ムリにどちらかを狙わなくったって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必殺アイゴ人か、必殺ダンゴ人か

(奇しくも前回と同じ大小二枚ですが、前回よりも、それぞれ一回り大きくて、大きい方は30cm、小さい方は18cm)  前回につづいて立派なクロダイが釣れたのは感激なんだけど、いやもう、またまたクソ天が難題を放り込んできた。クロダイは不味くて食えないのである。  焼くと旨みがなく不味い、刺身にすると生臭すぎる。  まあ、いろいろ試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀州ダンゴでクロダイが釣れた!

 大きい方は27.5cmもある立派なやつだよ。小さい方だって、なりは小さくてもココロはクロダイ。クロダイはヒレをピンと立てた姿がみごとだ。  この3ヶ月、一生懸命やってきた紀州ダンゴ釣り、アイゴを釣りたくてやったんだけど、すばらしい副産物を生んだ。私の釣りの世界が広がり、今後の人生さえも変えそう。  努力は、なんと言っても、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲願成る、紀州ダンゴでアイゴが釣れた、んだけど・・

 昨日2012・08・20(月)、いつもの外房・鴨川オーシャンパーク下の「中の堤防」、大潮で朝5時が満潮、引き潮を釣った。アイゴは一枚だけだったけど35cmもある大きなやつだよ。  クソ天にオチョクラレ続けて3ヶ月、ついに悲願成る!  ことし外房、南房総はアイゴが少ない。加えて私はそもそも紀州ダンゴ釣り自体が初心者だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はバカになってる

 (2012・08・16の釣り。神が、「おまえはボラの料理が上手だから」と私にはボラばっかり釣らせる。大きいのは40cm。アイゴが一つ混じっていますが、これは隣の人に貰った、25cm。)  水深2mあまりしかないところで、なんとウキ下8mで釣っていた!!  こんなバカがノーベル賞を貰えたという話は聞かない。なにが場外ホームラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウズのあとは大きなタコと美しいへダイ19cm二つ

 ボウズでも、そうストレートに神を恨むことはないもんで、そのあと喜びのときがやってくる。  実はさきおとといの2012・08・10(金)、こんな茨城くんだりから遠路はるばる外房・鴨川オーシャンパーク下の港まで釣りに行ったのにボウズ。もうたいがいアイゴを釣らせてくれるだろうと期待したのに逆だ、鬼の仕打ち。どうしてこうなんだろう?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいカメラのテスト中

(東京品川のグランドプリンスホテルで、この土曜日8月4日から大人形展が開かれるそうです。奥田小由女とういう人がこんな作品を出しているという。子供が可愛い。カメラO・Kなら行くんだけど・・)    このカンカン照りの中、わが愛機オリンパスのバカチョンを車の中に置いたまま魚釣りに夢中になっていたら壊れてしまった。デジカメも熱中症にかかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとはクロダイ三枚、われは超巨大アイゴのバラシ、ボラにかぎってバレないで上がってくる

 男はつらいよ、偉大な仕事をする人間はつらい。哲学でこの世の奥義を喝破させてもらっているから、釣りなんかではろくなことがない。ほかの人は「クロダイが三枚も釣れてイヤになったよ」などとぬかす、われは「遂にやった」と思った超巨大アイゴはバラシ、ボラに限ってバレナイで上がってくる。  昨日2012・07・26(木)は、梅雨あけ後の寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日2012・07・19南房総乙浜、残念リベンジならず

 一番大きいので21cmしかありません。アイゴは釣れず、だけど一匹デカそうなのをバラシタ。あれがもしかするとアイゴだったかも。  「今日こそアイゴ・・」と、肩に力が入って早朝の2時すぎに出かけたんだけど  ガッカリ。乙浜漁港の、前回に大きなアイゴを水面まであげてきて逃げられたポイント(水揚げ場岸壁の対岸)です。大潮の引き潮の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが家にもオレンジ色のノウゼンカズラがパアーッと咲いた

 無神論はずいぶん乱暴な世界観ですね。  バカみたい。  みなさん、脳の大事な機能が欠落しているんじゃないですか?  この、かけがえのない我々一人ひとりの命、  こんなにも自意識が発達し、恐怖心も強い、痛覚もこんなに鋭い・・悲しみの感情も・・  自分のことだけじゃない、最愛の者の悲惨な死・・  それが、人間の上に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ボラの一夜干し・・臭みをのりこえた先に大変な美味が待っている

 昨日2012・07・09(月)は関東ボラ釣り会会長!ボラを嬉々として釣るおっさんになる。  今の時季、房総ではアイゴを狙っても釣れるものではない、たまにマグレで食いついてくる程度。かと言って、そう毎回イワシの天ぷらでもないでしょう、昨日は悩んだ末に、  「そうだ、こないだ釣ったボラの一夜干しも脂がほんのりのって非常に美味かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クソ天が私にイワシばっかり釣らせると思ったら、私のちむぽを立つようにしてくれているんだ

 どうしてこんなに、私にはテコでもアイゴを釣らせず、いつ行ってもイワシ、サバなのかと思ったら、ハハーン、クソ天は私のちむぽを立つようにしてくれているんじゃないか?そうして女の子を生んで、釣りのプロに育てる。釣りを通して哲学を教え、私の哲学の後継者にする。私の人生の最後を、そういうふうに締めくくらせてくれるんじゃないか?  私(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

巨大アイゴを釣りに行ったんだけど、クソ天のイジメにあって・・

   神はわれわれ人間の股間を見苦しく設計して我々をオチョクッタだけでなく、ひどいイジメもする。まさに「神の鬼心性」ですね。  昨日2012・06・26(火)の南房総・乙浜での釣りは、神にさんざんイジメられて参った。  先日この乙浜漁港で、他の人が大きなアイゴを釣っていたのを見たのに、私が行くとそのときに限って条件わるく釣れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼく今、紀州ダンゴを勉強中、タコが釣れた

   昨日2012・06・19は猛烈な大型台風4号が接近中、雨風は午後からというので午前中に何とか釣れないか、外房・鴨川市中心部から国道128号を南へひとっ走り、鴨川オーシャンパーク下の堤防へ行ってみた。  そんなにムリしたって釣果は淋しい。へダイの17cm1匹と、もう一つ、これは悪魔の生みける子にあらむ、気しょくの悪いタコがシュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のekワゴン時代は、累々たるイワシの屍の上に築かれる

 昨日2012・06・08は外房・鴨川の前原フィッシャリーナ(ヨットが泊っているところ)。カタクチイワシ200匹ほどと、大きいの2匹のうち青っぽいのはワカシの子供19cm、黄色っぽいのはシマアジ17cm。  そんなに毎回アイゴの一夜干しでもないでしょう。人生は、釣りは、変化があるのがいい。「房総では6月上旬はまだアイゴは早い、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新車が来た

 わが人生、これより10年ほどは「ekワゴンの時代」と特徴づけられるでしょうか。  釣りに行くのにサオを忘れ、自分が書いた文の読み返しすら、ろくに進まない時代。  それでもどうにか、片道3時間ほどかけで房総まで釣りに行ける時代。専門家によると、サオを忘れるのは認知症までいっておらず、「自分はどうして、こんなところにいるんでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大不況は、結局、人々が大きく苦しむことなしには解決しえない

 しばらく釣り日記をご無沙汰していましたが、ぼく今、房総でアイゴの釣れる場所を懸命に探索中。三浦の一ヶ所しかアイゴのいるところを知らないのでは、必殺アイゴ人の会々長の名が泣くだろう。  ネットの情報で外房・勝浦近辺でアイゴが釣れたと出ていたので、この一週間あまりの間に三回も出かけた。そのうちの一回は、なんとこの後期高齢ボケ老人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の世の西行法師は軽ワゴンに釣り具をのせて・・さすらいの旅

 (アイゴの一夜干しをつくるために、海水よりは濃い塩水に3時間つけたあと、冷蔵庫の中で乾かしている最中です。なにしろアイゴがデッカイので、たった2匹分だけど、こんなに沢山になりました(このパッドの長辺37cm)。  今日これから、初めてガマ女に食べさせてみるところ。果たして目を輝かせるか?「また釣ってこい」とせがまれるようだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more