とりあえずユリカの写真だけ、小湊へ行きたいんだけど今日は(土)だから混んで入れないだろうし・・

S0577096.JPG
 いま考えているところだから、ちょっと待ってね。

 ( ユリカ、抱っこさせてくれないかなあ?だけど、それをすると・・必ずエスカレートするに決まっている。私もゴーギャンになってしまう・・つまり生前に絵は売れない。私はゴーギャンと違って、それはイヤなのです。どうしても人生最後に哲学成就の大感動が欲しい。

 男はつらいよ。ユリカを抱っこ出来ない )

 行ったんだけど(2019・10・26土曜日、小湊港いつもの堤防)、釣果は最低中の最低、小さなメジナばかりでした。
S0587098.JPG
 22cm、21cm、20cm各1匹、19cm×2、コッパ×5、全部で10匹。

 堤防は満員で入れないのかと思ったら、意外、異常、誰もおらず。前日の豪雨で加茂川氾濫の避難指示が出たんだそうで、その翌朝のことだから、みんな、まだ震えていたんじゃないか、釣りどころでなかったらしい。

 近年は、雨が降ると何故か釣れない。PM2.5悪玉説?中国から飛んできた有害な粒子が地上に降り注いでいて、それが雨で海へ流れ込み水質悪化?どうも、雨が降ると水質が悪くなって魚が釣れなくなるみたい。

 あーあ、いちど気分転換に「乙浜」へでも行きたい。大きなアイゴが沢山釣れた思い出がある。永いことご無沙汰しているが、あれからどうなったか?あそこもフグの猛襲?でも頑張って釣っていると突然アイゴが釣れてくるんだよね。


 上記だけでは物足りないですか?少し追加しておきましょう。
 この日、水温も2℃ほど急冷していた。海況図では前日まで23℃で安定していたのに私が水を汲み上げて測ってみると21℃。
 そこでまず「ナマエサを撒いてナマエサで釣る」ことにして、小湊の名人から教わった「超短い仕掛け」を出してみた。
 前回の釣りでは、この釣り方でシマアジが釣れたものだから私のアタマが雑になっていた。シマアジは大変釣りやすい魚で警戒心がうすく、回ってきさえすれば子供でも釣れる。

 私のコマセカゴはオキアミ断片も入れられるように網の目が大きいのを使っているのですが・・

「警戒心の強い魚を釣るにはコマセと付けエサを一致させる」の法則あり。

 ところが、この日、めんどうだからオキアミ断片は入れずアミコマセだけ。ただしカゴの底には大きな穴をあけてあるから投げ込むときに落っこちないよう、コマセを入れるときに、まず、ネリエサの固まりをカゴの底にいれた。
 要するに、無精してオキアミ断片は使わずアミコマセだけを撒いて付けエサはオキアミでやった。
 つまり「コマセと付けエサの不一致」

 何にも釣れなかったわけですが、
 何にしても、この日は、どうせダメだったにせよ、とにかくコマセにオキアミ断片を混ぜてみたかった。
 そのまえの釣りで、らくらくシマアジが釣れて喜んだことで早くも脳の硬化が起き、考えることが雑になっていたことを悔やんだ。

 「われわれ人間の脳は余りにも硬化がおきやすい」
 「われわれのアタマは、ちょっと快楽がインすると、たちまち考えることが固まってしまい雑になる」

 苦しみのインは、これと逆の効果でしょう。

 日本人はいま、次々と起こる未曾有の自然災害の惨禍に泣かされていますが、
 テレビをみると、皆さん、必死で「どうすればよいか」を考え知恵を出し合っている。

 「最も苦しんだ民族が最も偉大な民族となる」

 神が日本人の知恵を世界一ダントツにしてくれようとしているのですね。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント