11月13日小湊港アイゴ釣りの奥義をつかんだ 超短い仕掛けの人は神の使い

S0677109.JPGS0707113.JPGS0687111.JPG
 二週間ぶりの小湊港(ウォポート入って突き当り左の堤防)は、わが釣り人生の画期的な一日だった。
 目がかすみ体も衰えた。命のタソガレを迎えて、神が最後に「私なりの釣り」を完成させようとしてくれていることがクッキリ浮かび上がった。
 あの超短い仕掛けの名人は神の使いだ。 
 グラントのラセン針金のダンゴだけではイマイチ欠けていることがあるなと感じていたところ、ようやく、その欠点を補えることになった。
 いつものように朝の9時すぎから12時半までの釣りです、
          アイゴ 30cm×1
           〃  27  ×1
          メジナ 24  ×2
          コッパ     ×5
 この日は大潮で干潮のどん底が10時40分。潮が満ちてきて正午が近づいたころ食いが立った。
 アイゴの群れが寄ってきたらしくて入れ食い。といっても上記写真には四つしか写っていません。一つ大きいのが水面でハリスが切れてバラシタのと、名人から教わった慣れない釣りだったもんだから細かい調整がうまくいかずモタモタしたのとで・・でもまあ私自身は、もう勝利宣言だ。
 私の釣りは、釣技が自分自身満足できるものであればいい。
 快・苦はプラスマイナスして「苦しむ釣り」になる。
 人生最後にライフワークの哲学で大感動をもらわなくちゃならないのだから、釣りは、どうしても、こうならざるを得ないのです。

             ( つづく )

朝9時ごろ到着したとき先客は堤防の先端に二人、中ほどに二人だけ。が、やっぱり朝マズメのアジ狙いの人が大勢来ていたらしくて堤防上には、こぼれたマキエサを洗い流した跡が沢山あった。彼らが大量のマキエをするもんだから魚は腹いっぱい。私のような9時ごろノコノコ出かけていく者は魚の腹が減るのを待たなければならない。
 水温を測ってみると19℃。海況図では21℃台で安定しているんだけど、ここはいつも実測が2℃ほど低い。本当に急冷したのか、それとも、堤防のきわは、いつも港の外にくらべて2℃ほど低いのか?釣り方が悩ましい。
 まず、これまで通りグラントのダンゴを、いろいろ試してみたが、はかばかしくない。タナを変えダンゴ材の配合をいろいろやってもダメ。

 この日は大潮で午前10時40分から満ちてくる。ありがたい。満ちに転じるのを待っていると・・
 かなりヒルも近づいたころ、大きめのメジナやらアイゴやらが釣れ出した。

 ついにアイゴの群れがやってきた!
 放り込むと、すぐ釣れる。
 尺もあるアイゴが二つも続いた。

 超短い仕掛けの名人から教わった釣り方、イケル!
 私の釣りに新しいレパートリーが加わった。

 彼は神の使い。

 まあ、超短い仕掛けの名人から教わったばかりの釣り方なもんでモタモタして結果的に上記写真のレベルにとどまったが、
 わが釣り人生、とうとう終着駅に近づいた。

 こんなに眼がかすみウキもろくに見えない、老いさらばえた。

 これと引き換えに、
 かねてよりの悲願、「怒涛の釣り師になりたい」
 その片鱗が実現しそうな予感がして、

 久々に心の底から喜びを覚えた一日でした。

 なお、この、コマセカゴからハリ先まで30cmしかない超短い仕掛けの釣り方は、毎週木曜日に名人が来ますので直接教わってください。親切に教えてくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント